FPS初心者向けゲーミングデバイスレビューゲーミングマウスパッド

【Darmoshark PAD-3レビュー】厚さ4mmの格安バランス型ゲーミングマウスパッド

「※この記事ではアフィリエイト広告を利用しています」

Darmoshark PAD-3はどんなマウスパッド?

Darmosharkは、中国の「MOTOSPEED」というゲーミング機器メーカーのハイブランドとして設立された新興ゲーミングデバイスメーカー。
20年以上マウス開発に携わる熟練の技術者が材料の選定・設計・製造を行っています。


Darmoshark最大の特徴はコストパフォーマンスの高さ。
安価ながら有名メーカーのハイエンドグレードと同等のスペックを誇る「高コストパフォーマンスなゲーミングマウス」を数多く展開しています。
なかでも、約6,000~7,000円ほどで購入可能ながら1万円以上のハイエンドゲーミングマウスと張り合うスペックを誇るM3」や「M3s」が代表的です。

他にもマグネシウム合金(金属素材)を本体ボディー素材に採用した「M2」や、独自設計の左右非対称デザインマウス「N3」などを展開しています。
また、ガラス素材製のマウスパッドやラピッドトリガー機能に対応したゲーミングキーボードなど、最新トレンドのデバイスも取り揃えています。




そんなDarmosharkから販売されている「PAD-3」は、リーズナブルかつ、クッション性が高いバランス型ゲーミングマウスパッドをお探しの方におすすめの、1,000円台前半から購入可能なバランス型ゲーミングマウスパッド。

サイズは360mm×300mmの中大型サイズ、厚みは4mmとなっています。
このサイズ感のゲーミングマウスパッドは1,000円台でもはそれなりにラインナップはありますが、厚さ4mmというのはかなり貴重。手首や腕に硬さを感じている方には特におすすめです。

滑り具合(滑走特性)としては、マウスの動かし初めの軽さ、滑り具合、止めやすさ全てが平均的でクセが無く扱いやすいのが特徴。初めてゲーミングマウスパッドを買うという方にもおすすめできる使用感です。

Darmoshark PAD-3はこんな方におすすめ!

  • リーズナブルかつ厚みのあるゲーミングマウスパッドをお探しの方

  • トラッキングエイム・フリックエイムどちらとも相性が良いマウスパッドをお探しの方

  • ゲームタイトルに関わらず使いやすいマウスパッドをお探しの方

滑走性能

滑走性能(滑り具合)のタイプとしては、「バランス型」に分類されます。

マウスの動かし初めは普通、マウスを滑らせる速度も普通です。
常に軽いコントロール性が効いた非常に扱いやすいフィーリングとなっています。

癖の無い滑り具合で「初動/滑走/止め」全ての動作にほとんど癖が無く、とても扱いやすい操作感です。

滑りの速さ(滑走速度)

滑りの速さは普通マウスの動かし初め(初動)はやや軽いです。

手の震えやブレを抑える抵抗感がありつつ、引っ掛かり感は無く小さめの力で動かし始めることができます。
多少荷重を掛けていてもほぼ重さは変わらず、力んでいてもマウスをスムーズに動かすことができます。

滑りの速さは本当に普通という感想しか出てこないくらいには癖が無いといった感じで、トラッキングエイムもフリックエイムも違和感はありません。

スルスル動かせるスムーズさと、適度な抵抗感がしっかりと噛み合ったとても扱いやすい滑り具合(滑りの速さ)です。

また、思い切りマウスを振っても適度なコントロール性が効いており、マウスが想定しているより行き過ぎてしまう感じはありません。
また、細かいエイムをするために小さくマウスを動かしても詰まり感やカクつきのないとても扱いやすいフィーリングです。

切り返した時の抵抗感

マウスを上下左右に切り返して動かしたときの抵抗感も普通。

ほんの一瞬マウスが止まってから逆方向にマウスが進んでいくメリハリのあるフィーリングで、マウスを逆方向に切り返したことをはっきりと感じ取ることができます。

止めやすさ

止めやすさ(ストッピング性)はやや強め。

コントロール系のマウスパッドのような強い減速感はありませんが、適度にブレーキをかけてマウスを止めてくれる感触。

マウスの移動スピードを落とすと強めにブレーキがかかり、静止時は「ピタッ」と止まるのでフリックエイムをした時のエイムブレも起こりづらくなっています。

沈み込み

マウスを押し付けても沈み込みは起こりません。

厚みが4mmと厚めですが、指先で押し込んでやっと沈み込むくらいには反発力があるので、力んだ状態でマウス操作をしても沈み込みは起こらず滑り具合(滑走特性)に変化はありません。

本体サイズ

本体サイズは360mm×300mmの中大型サイズ。

ミドルセンシ~ローセンシくらいまでなら使えるサイズ感。

厚み

厚みは4mmとなっており、普通程度の反発力があるクッション層となっています。

腕や手首をマウスパッドに乗せても硬さは全く感じないので、クッション性が高めのマウスパッドをお探しの方にもおすすめできる質感です。

表面の質感

表面素材には非常にきめ細かい繊維で出来た「マイクロクロス素材」が採用されています。適度な摩擦抵抗と耐摩耗性、耐傷性に加えて、湿度の変化による滑り具合の変化も少ない丈夫な布生地となっています。

触った感触はサラッとした質感で、強めに肌が擦れても痛みはありません。
手首や腕を滑らせても抵抗感は弱めなので、地肌でマウスパッド上を滑らせてもスムーズに動かせます。

端の加工

マウスパッド端は約5mm幅のステッチ加工が施されており、表面の布が剥がれてくる心配はありません。
また、ステッチ部分は非常に柔らかい肌触りで、マウスパッド端に腕や手首が擦れても痛みはありません。

ただ、滑走面よりもほんの少しだけ盛り上がっており、マウスを大きく振ったときにマウスパッド端に触れるとわずかに乗り上げ感があります。
幸い引っ掛かりは無いのでマウス操作の妨げにはなりませんが、若干気になるかなといったところ。

巻きグセ

梱包が巾着ビニール袋の簡易包装なこともあり巻きグセは強めについてしまっています。

厚み4mmなこともあって巻きグセは取れづらく、普通に使っているとフラットになるまでにかなりの時間が必要になってしまいます。
(※筆者の場合は1週間使ってみてもまだ緩く巻きグセが残っています)

対処法としては、若干力技ではあるもののマウスパッドのラバー面に両面テープを付けた状態でデスクに貼り付ければ即座に平らになります。
(※デスク側にマスキングテープを貼っておけば、糊残りやデスクのコーティングや塗装剥がれを防ぐことができます)

滑り止め性能/グリップ力

滑り止め効果は低いです。

テクスチャ加工を施した天然ゴム素材という、ゲーミングマウスパッドの定番仕様なのですが、表面が少しツルツルとした肌触りでデスクにあまり食いついてくれません。

多少のマウス操作ではズレませんが、大きくマウスを振ったりするとジリジリとマウスパッドが一緒に付いてきてしまうことがあります。

このマウスパッドは巻きグセが強く、かつ滑り止め効果も弱いので両面テープでデスクに貼り付けるべきかと思います。

まとめ

Darmoshark「PAD-3」は約1,400円(執筆時点)で購入可能な、中大型サイズのバランス型ゲーミングマウスパッド。

この価格帯では貴重な4mm厚、横幅360mm×300mmの中大型サイズ。
表面はサラッとした肌触りで引っ掛かり感も少なく、マウスパッド端はキメ細かくて柔らかい肌触りのステッチ加工が施されています。

滑走特性(滑り具合)のタイプとしては「バランス型」
適度なスピード感とほどよいコントロール性を兼ね備えた非常に扱いやすい操作性になっています。

巻きグセが取れにくい点と、裏面ラバー材のグリップ力の低さはどうしても気になります。しかし、この2点さえクリアできればとても使いやすく、低価格なゲーミングマウスパッドの選択肢として全然アリといった印象です。
(※デスクにマスキングテープを貼り、その上から両面テープを貼り付けマウスパッドを乗せれば巻きグセとグリップ力の低さどちらも解決します)

良い点・悪い点は以下の通り。

良い点
  • 厚さ4mmかつ柔らかめのゴム素材なのでクッション性が高い

  • 滑り具合(滑走特性)の癖が少なく扱いやすい

  • どのゲームタイトルでも使いやすい

  • 実売価格で約1,400円(執筆時点)とコストパフォーマンスが高い
悪い点
  • 巻きグセがなかなか取れない

  • 裏面のグリップ力(滑り止め)が弱い

  • 滑走スピードに優れていたり、止めやすかったりといった特化した特徴が無い

結論Darmoshark「PAD-3」は「初めてゲーミングマウスパッドを購入する」「安くてもしっかりとした造りのマウスパッドを探している」
「癖が無くて扱いやすいマウスパッドを探している」という方におすすめのハイコスパゲーミングマウスパッドです。



この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。